誰でもホームページの更新ができるようにする方法【googleドキュメント簡単活用術】

誰でもホームページの更新ができるようにする方法【googleドキュメント簡単活用術】

ホームページを作ったは良いけど更新が全然できていない。
業者に更新をお願いしたけど、費用が大変!また、更新が遅い!ということはありませんか?

googleの提供するサービスを使って、エクセルとワードさえできれば、ホームページの更新ができるようになる方法をご紹介いたします。

こんな方にオススメ

・ホームページを更新したいけどお願いすると費用が結構かかる。
・ホームページを自分で手軽に更新できるようにしたい。
・でもWordPressなどのCMSを構築するには費用がかかりすぎる。

googleアカウントの取得

まずは何はともあれgoogle(グーグル)のアカウントを取得します。
このアカウントを使って更新を行うので、もしクライアントさんの方で更新をお願いする場合は、お客さんにgoogleアカウントをお持ちか、無い場合は作成をお願いする必要があります。

googleアカウントの取得
https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja

googleドキュメントへアクセス

アカウントを作成できた・お持ちの方は、早速googleドキュメントへアクセスしましょう。googleドキュメントとは、googleが提供するWEB上で使える「ワード」です。

googleドキュメント
https://www.google.com/intl/ja_jp/docs/about/

このWEB上で使える「ワード」を使ってホームページを更新できるように設定していきます。

更新コンテンツを作成

WEB上で使えるワード「googleドキュメント」を使って更新可能なページを作っていきます。

ここでは例として金額が掲載されている「Menu」ページを作ってみましょう。
「Menu」ページは飲食店でも美容室でも税金の値上げや価格の高騰で、よく更新のお願いがあるページの1つです。

「新しいドキュメントを作成」から「空白」のドキュメントを作成します。

左上の「無題のドキュメント」と書かれた所にファイルのタイトル、ここでは「Menu」と入力し、あとは通常のワードの編集と同じ要領で公開するページの中身を入力していきます。

とりあえず、美容室様のホームページを想定し、
カット・カラー・パーマの金額を入力してみました。
文字のサイズや色の編集はもちろん、画像や表の挿入もワードと同じように編集できます。

WEB用に公開しオープンメディアへ

公開するページの入力が完了したら、左上の「ファイル」から「ウェブに公開」をクリック

「リンク」か「埋め込み」かを選べるポップアップウィンドウが表示されるので「リンク」を選択し「公開」をクリック。

もう1度ポップアップで「本当に公開して良いですか?」と聞かれるので「公開」を選択してください。

すると「ウェブに公開しました。」という文言とともに1つのURLが作成されます。このURLの先が更新可能なWEBページとなります。

googleドキュメント上でこの「Menu」ファイルを編集すると、5分おきにWEBページの方も自動で更新される仕組みです!
この自動更新が非常に便利!保存ボタンすら押す必要がありません。

アプリをダウンロードすればスマホからでもホームページの更新ができるようになります。
ですので、このURLをホームページに設置していきます。

ホームページに設置

作成されたURL
https://docs.google.com/document/d/e/2PACX-1vR8Kh7EXaGHB0HGjRCqQW5zuxD3xyEmbnnmQp9kNaFNXH3a5c7Z7ajk0fjEfA5QNMXe2tQELgyT8sju/pub

通常のリンク設定と同じように、作成されたURLをホームページの画像や文字に設置しましょう。

Menu

リンクの飛び先として設定しました!
これで誰でも簡単に更新が可能なWEBページが完成しました!

ここからは少し応用編。

応用編

ifreamでHTMLに埋め込み

リンク先として開くだけでなく、ページに埋め込み表示も可能です。
トップページに「NEWS」として設置し、お知らせ情報を更新していくことも可能です。

先ほどの「WEBで公開」ウィンドウから「埋め込み」を選択すると、ifreamの埋め込みコードが生成されます。これをそのままホームページに埋め込むと下記のようになります。

もちろんデザインに合わせてCSSで編集することも可能です!

googleスプレットシートでも利用可能

googleドキュメントがウェブ上の「ワード」なのに対して、googleスプレットシートはウェブ上の「エクセル」です。
このgoogleスプレットシート「エクセル」でも同じように「ウェブに公開」が出来るので、表形式の自動更新されるウェブページが作成可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
普通はホームページの更新をしようと思えば専門の業者さんにお願いをしないといけませんが、この方法だと一度ホームページに設置をしてもらえば更新はいつでも誰でも編集が可能になります。

毎日毎日ブログを更新する。という場合はWordPressなどのCMSシステムを構築するしかありませんが、一部分の更新だけならこの方法で十分運用が可能です。

一度検討をしてみてはいかがでしょうか。
ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top