【解決】Mac(マック)のスクショの保存形式をjpgに変更する方法

Mac(マック)のスクリーンショット(画面キャプチャとも言いますね)は仕事でもプライベートでも、ブログに掲載する時でも、かなり使用頻度の高い便利な機能ですよね。

command + shift+ 3 でモニター全体のスクリーンショット、
command + shift+ 4 で任意の部分を選んでキャプチャが撮れます。

command + shift+ 3 でモニター全体のスクリーンショット、
command + shift+ 4 で任意の部分を選んでキャプチャが撮れます。

ただ、すこーし意地悪なのが、できる画像ファイルの形式が「PNG」ファイルで保存されること。
別に支障はないと言われれば無いのですが、
サーバにアップした時に表示されない、人に送ったけど見れない、なんてことが起こるのでは!?という不安がついてまわります。

プライベートで使っている分には、仮に起こったとしても「ごめん、ごめん」で済むかもしれませんが、仕事の場合だとそうはいきません。

そんな事の無いよう、Mac(マック)でスクリーンショットを撮った時の保存形式をデフォルトで「jpg」保存に変更する方法をご紹介します。

「ターミナル」を起動させる

Mac(マック)のFinder(ファインダー)を起動します。

「Finder」から「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し、
「ターミナル」をダブルクリックで起動します。

「Finder」から「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し、
「ターミナル」をダブルクリックで起動します。

保存形式を「jpg」に変更する指示を書き込む

「ターミナル」のウィンドウに以下の指示をコピペで入力します。
1行目が保存形式を「jpg」に変更する指示、
2行目がシステムを再起動させる指示です。
(Mac自体の再起動ではないのでご心配なく)

defaults write com.apple.screencapture type jpg
killall SystemUIServer

「Enter」で実行し、ターミナルを閉じます。

これで設定の変更は完了!
超簡単!

command + shift+ 4 で部分キャプチャを撮り、
出来たファイルを選択し、command + I で情報ウィンドウを開き確認すると
「JPEG」ファイルになってます!

すごく簡単に設定完了しました。
今まで「PNG」ファイルを必要に応じて「jpg」に変換してたことを考えると、
なんて無駄な時間を…と後悔してしまいそう、
むしろデフォルトでjpgにしといてくれたら嬉しいのに…

変更可能な保存形式

「jpg」だけではなく、他にもデフォルトに設定できる保存形式は下記の通りです。
かなりマニアックな拡張子も設定できますね。

  • jpg
  • png
  • bmp
  • gif
  • tif
  • pdf
  • pict
  • jp2
  • psd
  • sgi
  • tga

変更する場合は、ターミナルに入力した指示テキストの1行目の末尾の「jpg」を任意の拡張子、例えば「gif」などに変更して入力すればOK

defaults write com.apple.screencapture type gif
killall SystemUIServer

まとめ

いかがでしたでしょうか。
スクリーンショットの画像ファイルが「PNG」でも全く問題なし!って方は必要ありませんが、一度でも「JPG」に変換したことのある方は絶対にデフォルト設定から変更しておくことをオススメします。

設定方法がすごく簡単なので、長い目で見ると間違いなく時短になります。
Mac(マック)を購入したら、まず1番に設定を変更しておきたいですね。

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top