映画 観たい

【2019年3月】U-NEXTで観たいおすすめ映画 3選

日本最大級の動画配信サービス「U-NEXT」。
U-NEXT歴3〜4年で年間100本以上は映画を観るdaruma108が2019年3月現在U-NEXTで観れる映画のおすすめ作品を3作品ピックアップし、ご紹介いたします。

1.未来のミライ

あらすじ

ある日、甘えん坊のくんちゃんの家に、生まれたばかりの妹がやってくる。妹に両親の愛情を奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん—。そんなくんちゃんの前に、未来からやってきた妹・ミライちゃんが現れ、くんちゃんは家族と命のつながりをめぐる旅へ出る。

キャスト

監督 細田守
声の出演
 上白石萌歌 / 黒木華 / 星野源 / 麻生久美子 / 役所広司 / 福山雅治 ほか

感想

言わずと知れた「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」「サマーウォーズ」「時をかける少女」など大ヒット作品を世に送り出す、宮崎駿以降では一番人気といっても過言ではない、細田守監督のオリジナル長編アニメ映画最新作。
この時点で既に期待値がかなり上がってしまいますよね。

主演を務めるのは、今ドラマにも引っ張りだこの上白石萌歌が4歳の男の子、くんちゃんを演じます。
他にも、お父さんには星野源、お母さんには麻生久美子なのほか、役所広司、福山雅治など多くの人気芸能人が多数起用されています。

正直、主演の上白石萌歌さんが4歳の男の子、くんちゃんを演じるという所には違和感は感じました。声にどうしても大人感が出てしまっていて、4歳の喋り方ではなかったと感じています。
声優に人気芸能人を起用する。というのは叩かれやすい印象があるとはいえ、ねぇ

ただ、やっぱり細田さんの演出や構図、作画などは本当に素晴らしいと思いました。過去の大ヒット作品たちと比べると、物語として少し物足りなさを感じるかもしれませんが、見ていて損はないと思います。
改めて自分と家族との繋がりや、自分の家の歴史なんかについて考えさせられる作品だと思います。


2.ルームロンダリング

あらすじ

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、訳アリ物件に自分が住むことによって“物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は失踪した母親との再会を果たすが…。見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

キャスト

(八雲御子) 池田エライザ
(雷土悟郎) オダギリジョー ほか

感想

周りの人間とのコミュニケーションを苦手にしていた主人公、池田エライザ演じる御子が幽霊とのコミュニケーションを経て成長していき、ルームロンダリング(事故物件の浄化)という特殊な仕事の性質上、御法度とされている近隣の住人とも恋に落ちてしまう。
いろんな葛藤を経て失踪した母親との再会を果たすが、その母親は…
見終わった誰もが暖かな気持ちになるハートフル個性派青春コメディ。
あまり世間的にもフューチャーされてない隠れた単館系おしゃれ映画でオススメです。

3.ヴェノム

あらすじ

敏腕記者・エディは、人体実験で死者を出しているというライフ財団の真相を追うなか、“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまう。エディは自分の意思に反して暴走するシンビオートに危機感を覚えるが、徐々にその強大な力に魅了されていく。

キャスト

出演
 (エディ・ブロック) トム・ハーディ
 (アン・ウェイング) ミシェル・ウィリアムズ
 (カールトン・ドレイク) リズ・アーメッド
 スコット・ヘイズ
 リード・スコット
監督 ルーベン・フライシャー

感想

マーベル・コミックのスーパーヒーロー「スパイダーマン」の宿敵の一人にフューチャーした作品にしてマーベルシネマティックユニバースとは違う世界線で描く作品。スパイダーマンは出てきません。
ヴェノムが主人公です。

ヴェノムっておそらく原作ではもっと凶暴で最悪なキャラクターだと思っていたのですが、トム・ハーディ演じるエディ・ブロックと共存することになった今回のヴェノムは、お茶目で可愛げがあり見ていて気持ちよいキャラクターに仕上がっています。所々に最近のマーベル作品特有のコメディー要素でクスりとするシーンもあり、それでいて「最強やん」っていうカッコいいカーチェイスシーンもあり見応えのある内容です。
MCUに入れなかったことに納得しました。
人生の全てを失った男が同じ境遇の別の生命体と共存することで、新たな道を互いに切り開いていくサクセスストーリー。続編を期待しています。

-映画, 観たい
-,

© 2021 ひゃくやっつ