映画 観たい

映画「ジョジョ・ラビット(Jojo Rabbit)」のあらすじ・キャスト・感想まとめ【ネタバレ含む】

映画「ジョジョ・ラビット(Jojo Rabbit)」のあらすじ・キャスト・感想まとめ

「ジョジョ・ラビット」という映画をご存知でしょうか。
「マイティ・ソー バトルロイヤル」などで知られるタイカ・ワイティティ監督の最新作!

トロント映画祭で初公開され観客賞を受賞し、ゴールデングローブ賞にもノミネート。
今年のアカデミー賞有力候補と呼ばれておりますが、コメディタッチでナチスやヒトラーを扱っていることで世間から賛否の声が相次いでいる、いろんな意味で話題作「ジョジョ・ラビット(Jojo Rabbit)」のあらすじ、キャスト、感想をまとめてご紹介いたします。

まずは予告編をごらんください!

「ジョジョ・ラビット」あらすじ

映画「ジョジョ・ラビットjojorabit」のあらすじをご紹介

第2次大戦下のドイツを舞台に、孤独なドイツ人少年の「ジョジョ」は兵士になるための訓練中にウサギさえ殺すことができず、“ジョジョ・ラビット“というあだ名をつけられ、いじめを受けていた。
「ジョジョ」のイマジナリーフレンドのアドルフ・ヒトラーのみが救いだった。
ある日、母親が屋根裏にユダヤ人の少女を匿っているのを発見したことから、政治的な考えが変わり、ヒトラーのナショナリズムに向き合うことになる、ヒューマンコメディ。

「ジョジョ・ラビット」キャスト

映画「ジョジョ・ラビット」のキャスト紹介

監督はアベンジャーズシリーズ「マイティ・ソー バトルロイヤル」などで知られるタイカ・ワイティティ。
主人公ジョジョの空想上の友達、アドルフ・ヒトラーとしても出演しております。

ジョジョ・“ラビット”・ベッツラー 役:ローマン・グリフィン・デイヴィス
エルサ・コール 役:トーマシン・マッケンジー

ロージー・ベッツラー 役:スカーレット・ヨハンソン
フロイライン・ラーム 役:レベル・ウィルソン
ディエルツ大尉 役:スティーブン・マーチャント
フィンケル 役:アルフィー・アレン
クレンツェンドルフ大尉 役:サム・ロックウェル

アベンジャーズシリーズでブラック・ウィドウ役を演じたスカーレット・ヨハンソンも出演しております。

「ジョジョ・ラビット」感想

オープニングのビートルズ(ドイツ語曲Komm gib mir deine Hand(英:I Want To Hold Your Hand)から「マイティ・ソー バトルロイヤル」よろしくのスロー映像、エンディングのデヴィッドボウイまで、作品を通して音楽が非常に魅力的でどんどん引き込まれていきます。
サントラは非常に期待できます!

主人公のローマン・グリフィン・デイヴィス君の揺れ動くピュアな感情が可愛いく、
お母さん(スカーレット・ヨハンソン)と同じパジャマ着て寝るシーンにはすごくほっこり!
髭面のヨハンソンとのダンス、一緒に自転車で家に帰るシーンでも親子の絆を感じます。

また衣装や町並みなどの色彩豊かな映像はウェス・アンダーソンの「ムーンライズ・キングダム」を彷彿とさせます。
作品の雰囲気など影響を受けた作品なのかもしれません。

一方で暗い時代背景を「子どもの目線」で描くという点に非常にこだわっており、
非常に風刺的で賛否の声が上がるのも一部納得です。

まとめ

「子どもの目線」でナチスの愛国心とユダヤ人少女を想う助けたい気持ちとの葛藤の末に
靴ヒモも結べなかった少年の出した答えとは…
最後は思わず踊り出したくなる結末。

気になった方はぜひ劇場へ足を運んでみてください。

何といっても主人公の親友のヨーキーが最高に良いキャラで!

ご覧いただきありがとうございました。

-映画, 観たい
-, ,

© 2021 ひゃくやっつ