名機!フィルムカメラRollei (ローライ) 35の作例紹介

ローライ35の作例紹介

50年以上愛され続けている高級コンパクトフィルムカメラ「Rollei(ローライ)35」を、ついにオークションで落札してしまいました!
早速フィルムを装填し撮影してたので、その写真をご紹介させて頂きます。

Rollei (ローライ) 35とは

「Rollei(ローライ)35」はドイツのRollei(ローライ)社が1967年に発売した高級コンパクトカメラ。
コンパクトなフォルムと高級感のある独特のデザインで、フィルムカメラの中では今でも人気の高いモデルです。
私が購入したのは、比較的安価なシンガポール製で2万円前後ですが、
ドイツ製にこだわって購入しようとすると、今でも5万前後はする代物。

さて、そんな「Rollei(ローライ)35」で撮影した写真をみていきましょう。

Rollei (ローライ) 35の作例

早く撮影してみたくて無理やり散歩に出掛けた時の写真。
遠くのビルまで綺麗に写ってます。

Rollei (ローライ) 35で撮影する際、ピントは目測で合わせる必要があります。
「そんなの絶対ピンぼけするじゃん!」と思ってましたが、おおまかに合っていれば比較的問題なく撮影することができました。

空の色味も綺麗に描画されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「名機」と言われる元祖高級コンパクトフィルムカメラ「Rollei(ローライ)35」で撮影した写真を一部ご紹介いたしました。

高い描画力と小さくて持ち歩きしやすいデザインが魅力で、今でも非常に人気のカメラなので気に入った方はぜひフリマアプリ「メルカリ」やヤフオクで検索してみてはいかがでしょうか。

持ち歩いてるだけで普段の風景とはまた違った見方ができる楽しみがありますよ。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top