カメラ

エモいと話題の「写ルンです」の値段や魅力・使い方を紹介【フィルムカメラ】

インスタントカメラ「フジカラー写るんです!」

レトロブームの影響で今また若者を中心に「写ルンです」が流行っています。

初めて持ったカメラは「写ルンです」世代のカメラ好きが、「写ルンです」の価格や魅力、使い方をご紹介します。

関連記事kodak(コダック)のレンズ付きフィルム「FunSaver」
関連記事「写ルンです」と「kodac FunSaver」を撮り比べ

富士フイルム「写ルンです」とは

富士フイルム「写ルンです」とは1986年に発売したレンズ付きフィルムの名前です。
富士フイルム「写ルンです」とは

「写ルンです」とは、富士フイルムさんが1986年に発売したレンズ付きフィルムの名前です。

デジカメや携帯の普及により生産が縮小されていましたが、レトロブームの影響で現在再び注目を集めています。

以前は、モノクロ版や高解像度版などいろんな種類の「写ルンです」がありましたが、現在は「ISO400」のフィルムが入ったシンプルエース1種類のみ販売されています。

「写ルンです」の値段は?

「写ルンです」の販売価格

タイミングやお店によって多少上下しますが、大体1,300円〜2,000円ほどです。

撮り終わったらフィルムの現像代1,000円ほどがかかってきます。

スマホのカメラで撮影してもお金はかかりませんので、やはりフィルムカメラはお金がかかります。昔は写真にはこれくらいお金がかかるのが当たり前だったんですね。

では、なぜお金がかかるのに「写ルンです」が人気なのかその魅力をご紹介します。

「写ルンです」の魅力を紹介

「写ルンです」の魅力とは?

スマホとは違うノスタルジックな風合い

写ルンです」の1番の魅力は、スマホでは撮影できないノスタルジックな雰囲気の写真が撮れること!

作例紹介4:「写ルンです」で撮影したノスタルジックな雰囲気のある写真
「写ルンです」で撮影したノスタルジックな雰囲気のある写真

この、雰囲気のある写真がSNSで ”映える"と人気を集めています。

スマホで手軽にフィルムカメラ風の写真が撮れるカメラアプリも人気!
関連記事タイムスタンプ付き写真が撮れるアプリ「Huji Cam」
関連記事人気のフィルムカメラアプリおすすめ5選

コンパクトで軽くどこにでも持ち歩ける

「写ルンです」はポケットにもすっぽり収まるコンパクトなサイズ感で持ち運びが楽!

旅行やレジャーにもオススメのカメラです!

写ルンですのサイズ

横幅108mm
高さ54mm
厚み34mm
重さ90g
「写ルンです」のサイズと重さ

カメラで90gは軽い!

daruma108
「写るんです!」と「FunSaver」の二つを並べてみると「写るんです!」の方が若干コンパクトでポケットにもすっぽり収まるサイズ感
kodakのレンズ付きフィルム「 FunSaver」と比較
ストラップ穴もあって
写ルンですにはストラップ穴が完備

kodak(コダック)さんから発売されているレンズ付きフィルム「FunSaver(ファンセイバー)」と比較しても「写ルンです」は小さい事がわかります。

さらに「写ルンです」にはストラップ穴もついているから持ち運びに便利ですね。

kodak(コダック)さんの「FunSaver」と色々較べてみました。
関連記事「写ルンです」と「kodac FunSaver」を比べてみたら…

誰でも簡単に扱える

レンズ付きフィルムでの撮影には、小難しい設定などは一切ありません。

「写ルンです」本体の裏面に記載の使い方説明
  • フィルムを巻く
  • シャッターを切る

の繰り返しのみ!

子供用カメラとして持たせてあげるのにもオススメです。

撮った写真がスマホで楽しめる

撮った写真がスマホで楽しめるフィルムカメラ
撮った写真がスマホで楽しめるフィルムカメラ

撮影し終わった「写ルンです」をカメラ屋さんに持っていくと、現像と合わせて

  • 写真をプリント
  • 画像データ渡し
  • スマホに画像転送

の3つのメニューが選べます。

「データ渡し」か「スマホ転送」を選ぶと、撮影した写真がスマホで楽しめるように!

SNSにアップしたい場合は画像データをもらうようにしましょう!

「写ルンです」の使い方

レンズ付きフィルム「写ルンです」の操作は、本当に簡単です。

しかも、どのカメラもほとんど同じ!

  • フィルムの巻き上げから撮影
  • フラッシュ撮影
  • 現像

の方法をご紹介します。

フィルムの巻き上げ、撮影

背面のダイヤルを、右に回しフィルムを巻き上げ
背面のダイヤルを、右に回しフィルムを巻き上げ

まずは背面の右上のダイヤルを、右に回せなくなるまで回しフィルムを巻き上げます。

これで巻き上げが完了し、シャッターを切る準備ができました。

ファインダーを覗いてシャッターを切り撮影完了
ファインダーを覗いてシャッターを切ろう

真ん中のファインダーから覗いて「いまだ!」と思ったタイミングで、上のシャッターボタンを押して撮影!

簡単!

daruma108

1枚撮影すると、またダイヤルを右に巻いて‥の繰り返しです。

フラッシュ撮影

曇りの日や暗い場所での撮影フラッシュ撮影を使いましょう。

「写ルンです」のカメラ前面のフラッシュスイッチを上に
カメラ前面のフラッシュスイッチを上に

フラッシュを焚くには、カメラ前面のフラッシュスイッチを上に持っていきます。

写るんです上部の赤いランプが付いたらフラッシュ撮影の準備OK!
赤いランプが付いたらフラッシュ撮影の準備OK!

カメラ上部の赤いランプが付いたら準備OK!

この状態でシャッターを切るとフラッシュ撮影ができます。

ポイント

一度スイッチを上げておけば、連続して何度でもフラッシュ撮影が行えます。

全て取り終えたら現像

フィルム巻き上げダイヤルが止まらなったらフィルム1本分の撮影が終了

「写ルンです」をカメラ屋さんに持って行き現像をお願いしましょう。

現像代は大体500円前後、そこから写真やデータにしてもらうので5〜600円前後、合計1000円程です。

費用は現像をお願いするお店にもよるので、持っていくお店に問合せてみましょう。

「写ルンです」の作例紹介

「写ルンです」で撮影し現像した写真をいくつかご紹介します。

フジカラー「写るんです!」の作例紹介1
室内でのフラッシュ撮影
フジカラー「写るんです!」の作例紹介2
こちらは晴天の中のネコの日向ぼっこを撮影
フジカラー「写るんです!」の作例紹介3
夕日の写真はこんな感じです。
フジカラー「写るんです!」の作例紹介5
フジカラー「写るんです!」の作例紹介6

昭和〜な雰囲気の、どこか懐かしい雰囲気のある写真が撮影できました。

まとめ:「写ルンです」の値段や魅力・使い方

ノスタルジックな写真が撮れるレンズ付きフィルム「写ルンです」の価格や魅力、使い方をご紹介しました。

軽くて持ち運びがし易く、1,000円ほどで手に入るカメラですので、フィルムカメラに興味がある方はぜひ1度使ってみてはいかがでしょうか。

kodak(コダック)さんから発売されているレンズ付きフィルム「FunSaver(ファンセイバー)」もご紹介しています。

Check!
インスタントカメラ「kodak FunSaver」¥1,200があなどれない!
インスタントカメラ「kodak FunSaver(コダック ファンセーバー)」

続きを見る

\レンズ付きフィルム2つで撮り比べてみました/

インスタントカメラ「フジカラー写るんです!」

カメラ

2022/5/22

エモいと話題の「写ルンです」の値段や魅力・使い方を紹介...

家電・カメラレンタル「モノカリ!」の返却は郵便局へ!レンタル期間の延長も!

イイモノ カメラ

2022/4/24

家電・カメラのレンタル「モノカリ!」の返却は郵便局へ持...

本物チェキ「instax mini LiPlay」とチェキ風アプリ「NOMO CAM」撮り比べ

カメラ

2022/5/21

本物チェキ「instax mini LiPlay」とチ...

カメラ・家電のレンタルサービ

イイモノ カメラ

2022/4/19

カメラ・家電のレンタルサービスRentry(レントリー...

音も撮れる⁉︎次世代チェキ「instax mini LiPlay(リプレイ)」をレンタル!特徴や使い方、作例レビュー!

イイモノ カメラ

2022/4/19

音も撮れる⁉︎次世代チェキ「instax mini L...

-カメラ
-, ,