WEB カメラ 作りたい 撮りたい

360度画像をホームページで埋め込み公開する方法まとめ【insta360】

360度画像をホームページで埋め込み公開する方法まとめ【insta360】

以前に公開した360度カメラの記事を用途別にわかりやすく、まとめてみました。

基本的にはinsta360での操作方法をまとめておりますが、プラグインを使用してのwordpress(ワードプレス)への埋め込みはRICOH THETA(リコー シータ)をお使いの方にも利用できる方法になっておりますので参考にしてみてください。

wordpress(ワードプレス)に埋め込む場合

まずはwordpress(ワードプレス)を使用しているブログやホームページへ360度画像を埋め込み方法からご紹介します。wordpress(ワードプレス)への埋め込みはプラグインを使用すると、簡単にホームページに埋め込み表示することができます。

1.まずはjpg形式に変換

360度カメラで撮影した写真は、カメラ独自の圧縮方法で独自の拡張子にて保存されています。
wordpress(ワードプレス)のプラグインを使って埋め込める360度画像は「jpg(ジェイペグ)」のみとなっていますので、まずは撮影した360度画像を一般的な画像拡張子である「jpg(ジェイペグ)」に変換していきます。
「jpg(ジェイペグ)」への変換は下記記事をご覧ください。

Insta360で撮影した独自拡張子を一般的な拡張子に変換しよう
【360度カメラ】Insta360シリーズで撮影したinsp、insv拡張子ファイルをjpg、mp4に変換する方法

続きを見る

2.プラグインを使用し埋め込み

続いて、プラグインをインストールし「jpg」に変換した360度画像をホームページにアップ、公開までの流れを下記記事にてご紹介しています。

360度画像をブログに埋め込む方法
【2020年】撮影した360度画像をWordPressブログに埋め込む方法【THETA、insta360】

続きを見る

通常のホームページ・その他のブログに埋め込む場合

wordpress(ワードプレス)は使用していないhtmlベースでのホームページやその他のブログには、360度カメラ公式のSNSに公開し、埋め込みコードを取得しホームページに貼り付けていきます。

insta360シリーズの360度写真を簡単にブログやサイトに貼る方法
insta360シリーズの360度写真を簡単にブログやサイトに貼る方法【プラグインなし】

続きを見る

こちらにはinsta360での記事をアップしておりますが、RICOH THETA(リコー シータ)でもアプリにて公開、埋め込みコード取得という流れは同じです。

360度カメラで撮影した動画をYoutubeに公開

360度カメラ「Insta360」シリーズで撮影した動画を、専用アプリを使って「mp4(エムピーフォー)」動画に変換しYoutubeにアップロードする方法は下記記事よりご覧ください。

Insta360で撮影した360度動画をmp4に変換しYoutubeへアップロード

続きを見る

一度Youtubeに公開してしまえば、Youtubeの埋め込みコードを使ってブログやホームページにも簡単に挿入することが出来るので便利でSNSなどへのシェアも楽チンです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
360度カメラで撮影した写真を動画を独自の拡張子ファイルから一般的な拡張子ファイルに変換し、ブログやホームページ・Youtubeへ公開する方法をまとめてご紹介しました。
基本的にはinsta360での操作方法をまとめておりますが、プラグインを使用してのwordpress(ワードプレス)への埋め込みはRICOH THETA(リコー シータ)をお使いの方にも利用できます。

ぜひ撮影した360度画像をホームページ等へ公開してみてはいかがでしょうか。
最後までご覧いただきありがとうございました。

-WEB, カメラ, 作りたい, 撮りたい
-, ,

© 2021 ひゃくやっつ