360度カメラ カメラ 撮りたい

Insta360で撮影した360度動画をmp4に変換しYoutubeへアップロード

以前の記事でInsta360シリーズで撮影したinsp、insv拡張子ファイルをjpg、mp4に変換する方法をご紹介いたしました。
360度カメラ「Insta360」シリーズで撮影した写真はデフォルトで、
「insp」動画は「insv」というファイル拡張子で保存されます。

insp、insv拡張子はInsta360シリーズの独自規格です。
変換しなくてもinsv動画をYoutubeにアップすることはできます。
このままだと下の画像のように左右に丸い視点が2つ並んだ状態でアップされてしまいます。

insta360の独自規格「insv」動画をそのままYoutubeにアップした画像

insv動画をそのままアップすると上のようになります。
https://www.youtube.com/watch?v=3E6ggd11a2k

動画を専用のアプリで「mp4」に変換し、Youtubeへアップすると
下のように視点の変更ができる360度動画をアップすることができます。

それでは方法をご紹介します。

撮影した360度画像をPCに取り込み

360度カメラからパソコンに撮影した写真データを取り込みます。

撮影した360度画像をPCに取り込みます。カメラの電源をオンにしてください。

Insta360 oneをPCにただ繋いだだけでは、PC側に反応がありませんので、
カメラの電源を付けて、緑のランプが点灯しているか確認してください。

カメラの中の動画ファイルinsvファイルをパソコンにコピーします。

デバイスを選択し「DCIM」→「Camera01」フォルダの中から
Youtubeにアップしたい「.insv」ファイルを選択し、
デスクトップなどにドラッグし、PC側にコピーします。

Youtubeにアップしたい「.insv」ファイルを選択し、
デスクトップなどにドラッグし、PC側にコピーします。

専用アプリのインストール

別の記事でもアプリのインストール方法は紹介しましたが、こちらにも記載させていただきます。
Insta360シリーズの専用アプリを下記のサイトから無料でインストールします。

https://www.insta360.com/download

360度カメラ、インスタ360の専用アプリダウンロードサイト

自分が使用しているデバイスを選択します。
私(daruma108)はInsta360 ONEを使っているので右上の「Insta360 ONE」を選択します。

360度カメラ、インスタ360の専用アプリダウンロードサイト

リンク先から「360 editing software」をダンロードします。
お使いのPCに応じてWindows版かMac版か選択してください。
私はMacを使用しているため、Mac版を選択。

「Insta360Studio_Mac_2.15.0_build_20181016.pkg」というファイルのダウンロードが始まりますので、ダウンロードが完了したら、ダブルクリックし解凍します。
Windowsの場合も同様にダウンロードし、解凍します。

インスタ360専用アプリ「360 editing software」のダウンロードウィザード画面

解凍ウィザードを進めていき、インストールをクリック。
必要に応じてPCのパスワードを入力しインストールが完了しました。

insta360専用アプリ「Insta360 Studio」のインストールが完了しました。

アプリを起動し変換

ダウンロードした「360 editing software」を起動します。

「360 editing software」の起動画面の画面キャプチャ

「360 editing software」を起動すると、上のような画面が開きます。

真ん中の「Drop 360 degree video/photo here」と書かれたところに
先ほどinsta360から取り出した「.insv」ファイルをドロップします。

真ん中の「Drop 360 degree video/photo here」と書かれたところに
先ほどinsta360から取り出した「.insv」ファイルをドロップします。

右下にある「Export bitrate(エクスポート ビットレート)」つまり、書き出し画質を任意で選択します。
数字が大きいほど高画質になります。
デフォルトで入っている数字以外に設定したい場合は「Customsize(カスタムサイズ)」から任意の数字を入力します。

右下にある「Export bitrate(エクスポート ビットレート)」つまり、書き出し画質を任意で選択します。
数字が大きいほど高画質になります。
デフォルトで入っている数字以外に設定したい場合は「Customsize(カスタムサイズ)」から任意の数字を入力します。

そのまますぐ下の「Fineshed」ボタンを押すとMP4ファイルへの書き出しが始まります。完成するとデスクトップにファイルが保存されます。

変換したMP4ファイルをYoutubeへアップロード

あとは変換したMP4ファイルをYoutubeへアップするだけです。
自身のYoutubeチャンネルページの右上の「作成ボタン」から
動画アップロードをクリックし、変換したMP4ファイルを選択、アップロードします。

Youtubeのチャンネルページから動画をアップロードします。

これでアップロード完了です。

動画再生中、左上の視点変更カーソルで視点の変更ができる360度動画がアップされました。

この動画は、ベトナムでバイクタクシーに乗った時に撮影したタイムラプスの2秒と短い動画なので、画質もカクカクで見にくいかもしれませんが、
タイムラプスでなければ綺麗に変換し、アップロードが可能です。
ご自身で撮影した動画で試して見てください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Insta360シリーズで撮影した360度動画を
視点の変えることのできる360度動画としてYoutubeにアップする方法をご紹介しました。

変換はアプリをダウンロードすればボタン1つと簡単なので
ぜひアプリをダウンロードしてみてください。

他にも360度カメラで撮影した写真を動画を独自の拡張子ファイルから一般的な拡張子ファイルに変換し、ブログやホームページ・Youtubeへ公開する方法を紹介しています。よければ合わせてご覧ください。

あわせて読みたい!
360度画像をホームページで埋め込み公開する方法まとめ【insta360】
360度画像をホームページで埋め込み公開する方法まとめ【insta360】

以前に公開した360度カメラの記事を用途別にわかりやすく、まとめてみました。基本的にはinsta360での操作方法をまとめておりますが、プラグインを使用してのwordpress(ワードプレス)への埋め込みはRICOH THETA(リコー シータ)をお使いの方にも利用できます。

続きを見る

今回変換した360度動画も 「消える自撮り棒」バレットタイムハンドルを使って撮影してます。
この自撮り棒があると、写真、映像のクオリティが全然違ってくるので、insta360 one、one Xを使っていてバレットタイムハンドル持っていない方には、かなりオススメです。

-360度カメラ, カメラ, 撮りたい
-, , , , , , , ,

© 2021 ひゃくやっつ