Macのユーザー辞書登録方法とおすすめワード【効率化】

ブログの更新や仕事でのメールなどのタイピング業務の際に、ユーザー辞書にキーワードを登録しておくと作業を効率的に行うことが出来ます。
今回はMac(マック)でのユーザー辞書設定の方法と、登録しておくと便利なキーワードをいくつかご紹介します。

ユーザー辞書登録方法

キーボード設定から「ユーザー辞書」

一番上のメニューバーの右側にある「入力変換アイコン」をクリックすると表示されるメニューの中の「ユーザー辞書を編集」をクリック

まずは、Mac(マック)のユーザー辞書登録ウィンドウを開きます。
一番上のメニューバーの右側にある「入力変換アイコン」をクリックすると表示されるメニューの中の「ユーザー辞書を編集」をクリックします。

するとユーザー辞書の登録画面が出てきます。
デェフォルトで「きららざか」と入力すると「雲母坂」と変換されるように設定されています。

するとユーザー辞書の登録画面が出てきます。
デェフォルトで「きららざか」と入力すると「雲母坂」と変換されるように設定されています。

あとはワードをどんどん登録していく

左下の「+」ボタンをクリックすると新しいキーワードが追加できます。

左下の「+」ボタンをクリックすると新しいキーワードが追加できます。
まずは変換前のワードを入力し、その右側に変換して欲しいワードを入力すると設定完了です。

文字入力画面で希望の変換になっているか確認してみましょう。

文字入力画面で希望の変換になっているか確認してみましょう。

ユーザー辞書に登録しておくと便利なおすすめワード

ではどんなワードをユーザー辞書に登録しておくと便利でしょうか。

業務を行う上でよく使うビジネスワード、専門用語、上司や担当者の珍しいお名前や入力が面倒なキーワードを登録しておくと便利です。
最初は思いつかないかもしれませんが、仕事を行なっている上で「よく入力しているな」と感じる文言やワードはどんどん登録していきましょう。その分、入力作業が少しずつですが短くなっていきます。

いくつか登録しておくと便利なワードをあげておきますので、参考にしてみてください。

メールアドレス

入力が面倒なメールアドレスを「めーる」や「あど」などで登録しておくと、アプリやサービスに登録する際などに非常に便利です。アドレスがいくつかある場合は「こじんあど」や「しごとめる」と使い分けるのもありです。

住所

住所も入力が面倒臭いですよね。
ユーザー辞書に「じゅうしょ」と入力すると自宅の住所が変換で出てくるように設定しておきましょう。

かっこ

よく使う「かっこ」を登録しておくと便利です。私は鍵かっこ「」や丸かっこ()はキーボードで打てるので「かっこ」と入力すると名前はわかりませんが「【 】」このかっこが出てくるように登録しています。

矢印

地味に使う矢印も「うえ」で「↑」、「みぎ」で「→」が出てくると使いやすいです。

お世話になります。株式会社○○の○○です。
よろしくお願いします。

メールでよく使う文言も登録しておきましょう。
かなり業務がはかどります。
「お世話になります。」「よろしくお願いいたします。」の他にも
「ご連絡ありがとうございます。」「株式会社」「ご不明な点などございましたら、
お手数ですがご連絡頂ければ幸いでございます。」などなど、自分がメールで使う文言もパターン化して登録しておくとかなりの時短につながります。

メールの署名に入れておくのもアリです。

珍しい名前

珍しいお名前の方の漢字も登録しておくと、いちいち変換に時間がかからず時短にもつながりますし、漢字の間違いも防げます。

ユーザー辞書のバックアップ(書き出し)と復元

ユーザー辞書の設定をファイルとして書き出しておくと、Macを買い替えた際の移行の時にも便利なので、一通り登録し終わりましたら、書き出してファイルとして保存しておきましょう。

OSをアップデートした際にユーザー辞書の設定が消えることがまれに起こるので、そんな時もファイルとして書き出しておくと、すぐに復元することができます。

書き出しは簡単です。

ユーザー辞書のバックアップ(書き出し)と復元

登録したワードを全て選択して、それをそのままデスクトップにドラックするだけ!
すると「ユーザ辞書.plist」というファイルが出来上がります。

復元する時は、このファイルをドラックで元の場所に持っていけば登録していたユーザ辞書設定が元の状態に復元できます。

復元する時は、このファイルをドラックで元の場所に持っていけば登録していたユーザ辞書設定が元の状態に復元できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Mac(マック)でのユーザー辞書設定の方法と書き出し・復元(移行方法)、登録しておくと便利なキーワードをいくつかご紹介いたしました。登録する手間を考えたら一回ずつ入力した方が早い。と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、20回・30回と入力する事を考えると、面倒でも一度登録しておく方が作業の効率化につながります。

一度「よろしくお願いします。」だけでも試しに登録してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top