イイモノ 作りたい

Mac(マック)のスクショの保存形式をjpgに変更する簡単な方法

Mac(マック)のスクリーンショット(画面キャプチャとも言います)は仕事でもプライベートでも、ブログに掲載する時でも、かなり使用頻度の高い便利な機能です。

すこし不便なのが、できる画像ファイルの形式が「PNG(ピング)」ファイルで保存されること。

PNGファイルだと、サーバにアップした時に表示されない、人に送ったけど見れない、なんてことが起こる可能性があります。そんな事の無いように一番無難な「jpg」形式で保存されるように設定を変更しましょう!

Mac(マック)でスクリーンショットを撮った時のデフォルト形式を「jpg」に変更する方法をご紹介します。

関連記事写真加工もできるMAC標準アプリ「プレビュー」が便利すぎ!
関連記事Macのメールアプリに署名を設定する方法

Macでスクショの撮り方

まずは、Mac(マック)でのスクリーンショットの撮り方をご紹介します。

Mac(マック)でのスクリーンショットの撮り方は

  • モニター画面全体のスクリーンショット
  • 任意の箇所だけのスクリーンショット

2パターンがあります。

どちらもキーボードのショートカットキーで実行することができます。

ポイント

command + shift+ 3  → モニター全体のスクリーンショット
command + shift+ 4  → 任意の部分を選んでスクリーンショット

command + shift+ 3 でモニター全体のスクリーンショット、
command + shift+ 4 で任意の部分を選んでキャプチャが撮れます。
Mac(マック)でスクリーンショットをとるショートカットキー

やはりこのままだと、出来るスクリーンショットの画像ファイルはPNG形式で保存されてしまいますので、保存形式を変更していきます。

ファイル拡張子の確認方法

できたスクリーンショットの画像ファイルの拡張子が表示されていなくて、わからない!

という方は、画像ファイルを選択して、キーボードの「command + i」を押します。

すると画像ファイルのプロパティウィンドウが立ち上がるので、その中の「名前と拡張子」という項目

ファイル拡張子が表示されない場合は画像ファイルのプロパティウィンドウの「拡張子を非表示」のチェックを外す
画像ファイルのプロパティウィンドウ

「拡張子を非表示」のチェックを外すとファイル拡張子が表示されるようになります。

なんでPNG形式で保存されるの?

そもそも、なぜデフォルトの設定がPNG(ピング)なんでしょうか。

Macのスクリーンショットで使われるPNG形式は、ディスプレイの解像度をそのままに、可逆圧縮のみが行われる仕様で、画質として最高の状態になっています。

スクリーンショットの画質を優先して、デフォルトの設定をPNG形式にしているんですね。

PNG画像をjpg形式に変更する方法

保存されたPNG形式のスクリーンショット画像を「jpg」に変換するには、Macの標準アプリ「プレビュー」が便利です。

標準アプリ「プレビュー」とは

Macの標準アプリ「プレビュー」
Macの標準アプリ「プレビュー」

「プレビュー」はmacOSで、画像データやPDFを表示するために初めから搭載されているアプリケーションです。
多ページPDF書類や複数の画像ファイルを同時開くことも可能!

画像ファイルフォーマットは、JPEG、EPS、TIFF、GIF、PNG、BMP、TGA、PSDなど幅広い形式に対応していて、それぞれ相互に変換も可能です。

方法は簡単

PNG画像を「プレビュー」で開き、上部メニューのファイルから「書き出す」をクリック

PNG画像をjpg形式に変更する方法:プレビューで「jpg」に変換
プレビューで「jpg」に変換

フォーマットが「JPEG」になっていることを確認して、保存すれば完成!

PNG画像をjpg形式に変更する方法:保存して完成
保存して完成

\他にも便利な「プレビュー」の使い方を紹介しています/

Check!
写真加工もできるMAC標準アプリ「プレビュー」が便利!
写真加工もできるMAC標準アプリ「プレビュー」が便利!

続きを見る

スクショの保存形式をjpgに変更する方法

Mac(マック)でスクリーンショットのデフォルトの保存形式を「jpg」に変更する方法はすごく簡単です。2分もあれば設定可能!早速ご紹介します。

まずは指示を書き込む「ターミナル」を起動

Mac(マック)のFinder(ファインダー)を起動します。

「Finder」から「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し、
「ターミナル」をダブルクリックで起動します。

「Finder」から「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し、
「ターミナル」をダブルクリックで起動します。
まずは指示を書き込むため、ターミナルを起動します。

保存形式を「jpg」に変更する指示を書き込む

ターミナルを起動するとこのようなウィンドウが表示されます。

ターミナル起動画面に保存形式を「jpg」に変更する指示を書き込むだけです。
ターミナル起動画面に保存形式を「jpg」に変更する指示を書き込むだけです。

こちら↓のテキストをコピーし、ターミナルウィンドウにペーストし、エンターをクリックします。

 code
defaults write com.apple.screencapture type jpg
killall SystemUIServer

1行目が保存形式を「jpg」に変更する指示、
2行目がシステムを再起動させる指示です。
(Mac自体の再起動ではなく、システムの再起動なのでパソコンがシャットダウンされる事はありません。)

「Enter」で実行し、ターミナルを閉じます。

これで設定の変更は完了です!

command + shift+ 4 で部分キャプチャを撮り、出来たファイルを選択し、command + I で情報ウィンドウを開き確認すると
「JPEG」ファイルになってます!

command + shift+ 4 で部分キャプチャを撮り、出来たファイルを選択し、command + I で情報ウィンドウを開き確認すると
「JPEG」ファイルになってます!
保村形式が「jpg」になっているか確認

設定自体はすごく簡単に完了しました。

今まで「PNG」ファイルを必要に応じて「jpg」に変換してたことを考えると、なんて無駄な時間を…と後悔してしまいそう、
むしろデフォルトでjpgにしといてくれたら嬉しいのに…

他の変更可能な保存形式

「jpg」だけではなく、他にもデフォルトに設定できる保存形式は下記の通りです。

  • jpg
  • png
  • bmp
  • gif
  • tif
  • pdf
  • pict
  • jp2
  • psd
  • sgi
  • tga

かなりマニアックな拡張子も設定できるようです。

変更する場合は、ターミナルに入力した指示テキストの1行目の末尾の「jpg」を任意の拡張子、例えば「gif」などに変更して入力すればOK

 code
defaults write com.apple.screencapture type gif
killall SystemUIServer

まとめ:Macのスクショの保存形式をjpgに変更

Mac(マック)でスクリーンショットを撮った時のデフォルト形式を「jpg」に変更する方法をご紹介しました。

スクリーンショットを撮った画像ファイルを一度でも「JPG」に変換したことのある方デフォルト設定から変更しておくことをオススメします。

設定方法がすごく簡単なので、長い目で見ると間違いなく時短になります。

Mac(マック)を購入したら、まず1番に設定を変更したいですね。

こちら↓の記事でもMac(マック)の効率化についてご紹介していますので、併せてご覧ください。

Check!
作業効率化!Macのユーザー辞書の登録方法とオススメ時短ワードを紹介

続きを見る

関連記事写真加工もできるMAC標準アプリ「プレビュー」が便利すぎ!
関連記事Macのメールアプリに署名を設定する方法

Mac(マック)のメールに署名を設定、テンプレやよく使う提携文も紹介

イイモノ

2022/6/29

Mac(マック)のメールに署名を設定、テンプレやよく使...

イイモノ

2022/6/28

Amazonベーシックの評判は?ケーブル・電池などオス...

Amazonクーポンの入手方法と使い方、注意点もご紹介

イイモノ

2022/6/25

Amazonクーポンの入手方法と使い方、注意点もご紹介

最安値で買いたい!Amazonの価格推移をチェックする方法

イイモノ

2022/6/25

最安値で買いたい!Amazonの価格推移をチェックする...

Amazonアウトレットで購入した商品レビュー!外装の損傷はどれくらい?

イイモノ

2022/6/27

Amazonアウトレットで購入した商品レビュー!箱のへ...

-イイモノ, 作りたい
-, ,