カメラ 撮りたい

【作例有】Canon(キャノン) EFのスペック、使い方、特徴まとめ

キヤノンEF bodyの使い方、スペック、作成まとめ

オークションで落札した約50年前のフィルムカメラ「Canon EF (キャノン イーエフ)」

このカメラはキャノン一眼レフの歴史の中で、結構重要な位置にいるカメラで、
一眼レフでシャッター速度優先AEを実現した最初のカメラだそうです。

私(daruma108)は今回の記事を書くまで、知らずに使ってしまっていましたが、改めて自分の使っているカメラの歴史や特徴を知っておこうと調べたので、まとめておきます。

Canon(キャノン) EFの基本スペック

CANON EF(キャノン EF)

[1973年発売]

35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラ

標準レンズ:FD 50mm F1.4
シャッター速度:1/1000、1/500、1/250、1/125、1/60、1/30、1/15、1/8、1/4、1/2、1、2、4、8、15、30(秒)、B(バルブ)、X接点は1/125秒
重量:ボディのみ740g、正直、結構重いです!
大きさ(ボディのみ):幅 147 × 奥行き 47.7 × 高さ 96mm
電池:JIS・HD型1.35V水銀電池2個
LR44で代用可能ですが、無くても使用可能です!
底面に電池を入れるところが2箇所あります。

Canon EF (キヤノン EF)の底面に電池を入れるところがあります。

コパルのユニットシャッターが使われたマニュアルフォーカス一眼レフはキヤノンではこのキヤノンEFだけだが、ずっと後のEOSシリーズではコパル製のシャッターユニットが積極的に使われることになる。

wikipedia

Canon(キャノン) EFの使い方

英語ですがYoutubeにCanon EFを紹介している動画がありましたのでリンクを貼らせて頂きます。
だいたい1:50秒くらいから使い方の説明が始まります。

主な使い方は従来のフィルムカメラと同じですが、
フィルム装填時の空撮影が不要で、空送りだけで大丈夫です。シャッターを押す必要がありません。
また、電源のON/OFFの切り替えボタンがあり、カバンに入れて持ち運ぶ際の誤動作が防げるはありがたいです。

電源のON/OFFの切り替えボタンがあり、カバンに入れて持ち運ぶ際の誤動作が防げます。

Canon(キャノン) EFの特徴

一眼レフでシャッター速度優先AEを実現した最初のカメラ
(AEカメラ :絞りやシャッター速度(シャッタースピード)を自動的に制御し、被写体の明度に応じた露光を自動で行なう機能がついたカメラ)

キャノン F-1の弟分として期待された機種だったが、後に世界的ヒットとなるキャノン AE-1が1976年に発売されたため、生産台数はさほど多くない。
また、発売されてすぐオイルショックの不景気に見舞われあまり出回らなかったとか…
中古カメラ屋さんでも置いていない場合もあるそうです。
そんな貴重なカメラだとは全然知らなかった!大切に使います!

シリアルナンバー240000番前後を境に前期型と後期型が存在する。
私(daruma108)の使っているのはおそらく後期型になると思います。

CanonEFキヤノンイーエフの細部画像

Canon(キャノン) EFの作例

使用フィルム「富士フィルム SUPERIA PREMIUM 400

CanonEFキヤノンEF_fuji SUPERIA PREMIUM 400の作例_01
CanonEF(キャノンEF)富士フィルム SUPERIA PREMIUM 400の作例 01
CanonEFキヤノンEF_fuji SUPERIA PREMIUM 400の作例_02
CanonEF(キャノンEF)富士フィルム SUPERIA PREMIUM 400の作例 02
CanonEFキヤノンEF_fuji SUPERIA PREMIUM 400の作例_04
CanonEF(キャノンEF)富士フィルム SUPERIA PREMIUM 400の作例 03
CanonEFキヤノンEF_fuji SUPERIA PREMIUM 400の作例_03
CanonEF(キャノンEF)富士フィルム SUPERIA PREMIUM 400の作例 04

使用フィルム「Kodak GOLD 200

CanonEFキヤノンEF kodak gold200の作例の1
CanonEF(キャノンEF)Kodak GOLD 200の作例 01
CanonEFキヤノンEF kodak gold200の作例の2
CanonEF(キャノンEF)Kodak GOLD 200の作例 02
CanonEFキヤノンEF kodak gold200の作例の3
CanonEF(キャノンEF)Kodak GOLD 200の作例 03

使ってみた感想としましては、まずは結構重いです。
まぁコレはどうしようもないですが…(^_^;)

写りについては、びっくりする程キレイな描画力です。
本当に50年ほど前のカメラとは思えません!
空のグラデーションや、光の反射、奥行き感など、本当に気に入っているカメラです。

上の作例で使用したフィルムは「富士フィルム SUPERIA PREMIUM 400」と「Kodak GOLD 200」です。

PHOTOHITOさんにアップされているCanon EFの作例は下記からご覧いただけます。

https://photohito.com/camera/brands/canon/model/ef/

他にも私(daruma108)のインスタグラムにて#まいにちフィルムというタグにて
フィルムカメラで撮影した写真を毎日アップしてますので、よければチェックしてみてください。

こちらの記事にも作例をアップしておりますので、合わせてご覧ください!

あわせて読みたい!
Canon フィルムカメラEFでスナップ写真

続きを見る

Canon(キャノン) EFの購入

あまり出回っている数が多くないのか、今でも結構なお値段がするようです。
動作確認が取れていないジャンク品でも1万円前後する出品が見られます。
検索するとCanonの「EFマウント」のレンズが大量にヒットするので、見つけ出すのも少し苦労しそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
約50年前のフィルムカメラ、キャノン初のシャッター速度優先AEカメラCanon EF(キャノン イーエフ)のスペック、特徴、使い方をまとめてみました。

自分の使っているカメラの特徴や、当時の時代背景を知るだけで
今まで以上にカメラを大切に使いたいと思いますよね。
一度ご自身の使っているカメラの歴史も調べてみてはいかがでしょうか。

拝見いただきありがとうございました。

-カメラ, 撮りたい
-

© 2021 ひゃくやっつ