design イラストレーター 作りたい

【初心者向け】Illustrator(イラストレーター)で点線・波線・破線などの作り方まとめ【おまけ有り】

イラレで点線波線破線の作り方

AdobeのIllustrator(イラストレーター)で初心者のかた向けに、いろんな「線」の作り方をまとめてみました。
普通の実線から、点線や破線にかえてみるだけでデザインの印象はガラッと変わりますので、いろいろ試してみてください。

というのも、日常的に仕事でIllustrator(イラストレーター)を使っている私(daruma108)も、先日ふと「波線 !?」と作り方をド忘れしてしまいましたので、備忘録にまとめてみます。

まずは「線」を用意

まずベースとなる線を準備します。
「ペンツール」を選択し、クリック!

Illustrator(イラストレーター)のぺんツールで線を引きます
Illustrator(イラストレーター)のぺんツールで線を引きます

別の所でもう一度クリックし、直線を引くか
「直線ツール」でドラッグで引っ張っても直線になります。

Illustrator(イラストレーター)の直線ツールで線を引きます

直線でなくても長方形ツールや楕円形ツールで描いた○でも□でも大丈夫です。

Illustrator(イラストレーター)の長方形ツール楕円形ツーで引いた線にも適応可能です。

破線

まずは破線から作っていきます。

上のメニューバーの「ウィンドウ」から「線」を選択し、
線ウィンドウを表示させます。
左側にチェックマークが付いている場合はすでに表示されているはずですので、この項目は飛ばして大丈夫です。

メニューバーのウィンドゥから線ウィンドウを開きます。

「線」を選択ツールで選択し、

選択ツールで線を選択します。

線ウィンドウの「破線」のチェックボックスにチェックを入れると破線に変換されます。

線ウィンドゥの「破線」のチェックボックスにチェックを入れると破線に変換されます。

「破線」のチェックボックスの下の線分、間隔の項目に数値を設定することで様々な破線に編集が可能です。

「破線」のチェックボックスの下の線分、間隔の項目に数値を設定することで様々な破線に編集が可能です。

点線

続いて点線です。
先ほどの破線の応用で簡単に点線も作れます。

  • 線幅を3pt
  • 線端を角丸
  • 破線にチェック
  • 初めの線分に「0」
  • 次の間隔に任意の数値
続いて点線です。
先ほどの破線の応用で簡単に点線も作れます。

線幅、間隔の数値は任意で編集して
作りたい点線に編集してください。

線幅、間隔の数値は任意で編集して
作りたい点線に編集してください。

小技

制作のスピードを上げる小技をちょこっとご紹介します。

点線や破線に編集した線を選択し、キーボードの「D」ボタンを押すと
線幅1ptの実践に一発で戻すことができます。
ちょー小技ですが覚えておくとなかなか便利です。

点線や破線に編集した線を選択し、キーボードの「D」ボタンを押すと
線幅1ptの実践に一発で戻すことができます。
ちょー小技ですが覚えておくとなかなか便利です。

ついでにもう一つ小技を

先ほどの「点線から実践に戻ります。」って紹介している画像の真ん中の矢印も線ウィンドウを使えば簡単に作ることができます。

先ほどの「点線から実践に戻ります。」って紹介している画像の真ん中の矢印も線ウィンドウを使えば簡単に作ることができます。

破線項目の下の「矢印」の項目から線の先端の仕様
数あるプリセットの中から選択することで、いろんな矢印を簡単に作ることができます。
矢印項目の下の「倍率」のパーセンテージを編集することで、矢印の大きさも編集ができます。

下の画像も、矢印項目から先端をハサミに変更し、
線を点線にすることで簡単に切り取り線を作ることができます。

この画像も、矢印項目から先端をハサミに変更し、
線を点線にすることで簡単に切り取り線を作ることができます。

波線

最後に波線を作ってみましょう。
点線・破線よりかは使用頻度は低いとは思いますが、
だからこそ忘れてしまうヤツです。

線を選択し上のメニューバーから「効果」→「パスの変形」→「ジグザグ」を選択します。

線を選択し上のメニューバーから「効果」→「パスの変形」→「ジグザグ」を選択します。

「ジグザグ」のオプションウィンドウが表示されます。
ポイントを「滑らかに」を選択し、大きさ、折り返し数を調整することで任意の波線が作れます。
数値を変更しても線に変化が見られない時は、左下の「プレビュー」にチェックが入っているか確認しましょう。

「ジグザグ」のオプションウィンドウが表示されます。
ポイントを「滑らかに」を選択し、大きさ、折り返し数を調整することで任意の波線が作れます。
数値を変更しても線に変化が見られない時は、左下の「プレビュー」にチェックが入っているか確認しましょう。

ポイントを「直線的に」を選択すると、文字どおりジグザグな線に編集されます。
こちらも大きさ、折り返し数を調整することで任意のジグザグ線へ編集ができます。

ポイントを「直線的に」を選択すると、文字どおりジグザグな線に編集されます。
こちらも大きさ、折り返し数を調整することで任意のジグザグ線へ編集ができます。

一度 OKした「ジグザグ」設定を微調整したい場合は、
「アピアランス」ウィンドウから「ジグザグ」をクリックすると再設定が可能です。

一度 OKした「ジグザグ」設定を微調整したい場合は、
「アピアランス」ウィンドウから「ジグザグ」をクリックすると再設定が可能です。

おまけ

「アピアランス」ウィンドウを使えば、
線の上にもう一つ線を重ねることも可能です。
線を選択し「アピアランス」ウィンドウの右上のオプションメニューから
「新規線を追加」を選択します。

「アピアランス」ウィンドウを使えば、線の上にもう一つ線を重ねることも可能です。線を選択し「アピアランス」ウィンドウの右上のオプションメニューから「新規線を追加」を選択します。

黒い太い線に、白い少し細い破線を重ねれば
地図などで使える電車の線路線が簡単に作れます。

黒い太い線に、白い少し細い破線を重ねれば地図などで使える電車の線路線が簡単に作れます。

まとめ

いかがでしょうか。
Illustrator(イラストレーター)を日常的に使っている方にとっては、復習・再確認に。
使い慣れていない方にとっては、「波線」の作り方を知らなかった。なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介した機能を使えば、ほぼ、どんな「線」でも作成できると思いますので、色々試して見てください。

他にもイラストレーターの時短テクニックをご紹介しています。併せてご覧ください。

あわせて読みたい!
イラレで好きなエリア内に文字を敷き詰める表現方法【Illustrator】
イラレで好きなエリア内に文字を敷き詰める表現方法【Illustrator】

Illustrator(イラストレーター)で任意のオブジェクトをテキストエリアに変更し、中に文字を敷き詰める表現方法をご紹介。雑誌の特集ページなど、目立たせたい箇所で使える「オブジェクトをテキストエリアに変える」テクニックです。

続きを見る

イラレで文字の中に画像を配置する方法【Illustrator】

Illustrator(イラストレーター)で上の画像のように文字の中に画像を入れる手法のやり方をご紹介します。ご紹介する手法「クリッピングマスク」を使いこなすと表現の幅がぐっと広がりますのでぜひマスターしてみてください。

続きを見る

ご覧頂きありがとうございました。

-design, イラストレーター, 作りたい
-, , , ,

© 2021 ひゃくやっつ