design イラストレーター 作りたい

イラレで好きなエリア内に文字を敷き詰める表現方法【Illustrator】

イラレで好きなエリア内に文字を敷き詰める表現方法【Illustrator】

Illustrator(イラストレーター)でテキストエリア(文字組み)を作る時、基本的には四角形のテキストエリアを作り文字を流し込みます。
それさえマスターしておけば大抵のレイアウトでは問題なくデザインしていくことが出来ますが、雑誌の特集ページなど、目立たせたい箇所で使える「オブジェクトをテキストエリアに変える」テクニックをご紹介します。

まずは文字を流し込みたいオブジェクトを作成

Illustrator(イラストレーター)を立ち上げ、新規ドキュメントを作成します。
そこに文字を流し込みたい形のオブジェクトを作成していきます。形は楕円形ツールで作成したマルでも、多角形ツールで作成した六角形でも、ペンツールで自由に形を描いても大丈夫です。

まずは文字を流し込みたいオブジェクトを作成
イラレで好きなエリア内に文字を敷き詰める表現方法【Illustrator】

エリア内文字ツールでオブジェクトを選択

文字を流し込みたいオブジェクトが作れたら、文字ツールのアイコンを長押しし「エリア内文字ツール」を選択します。
この「エリア内文字ツール」で先ほど作成したオブジェクトのフチあたりをクリックするとオブジェクトがテキストエリアに変わります。

文字を流し込みたいオブジェクトが作れたら、文字ツールのアイコンを長押しし「エリア内文字ツール」を選択します。
あとはこの「エリア内文字ツール」で先ほど作成したオブジェクトのフチあたりをクリックするとオブジェクトがテキストエリアに変わります。

テキストエリアになったオブジェクト内に文字を流し込もう!

あとはテキストを流し込み、文字サイズや行間を調整すると完成です。
オブジェクトが複雑な形であれば、なるべく行間を詰めて文字を敷き詰めたほうが、よりオブジェクトの輪郭がはっきりしてわかりやすくなります。

テキストエリアになったオブジェクト内に文字を流し込もう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Illustrator(イラストレーター)で任意のオブジェクトをテキストエリアに変更し、中に文字を敷き詰める表現方法をご紹介いたしました。
ポスターやエディトリアルデザインに変化をつけたい時にも使える手法だと思いますので、ぜひ試してみてください。

他にもイラストレーターの時短テクニックをご紹介しています。併せてご覧ください。

あわせて読みたい!
【イラレ】オブジェクトをランダムに配置する方法

Illustrator(イラストレーター)の機能を使い、オブジェクトをバランスよく配置する時短テクニックをご紹介します。桜の花びらや紅葉・ドット・星などのオブジェクトをランダムにバランスよく配置しようとした時の「しっくりいかない」を解消できる方法です。

続きを見る

イラレで点線波線破線の作り方
【初心者向け】Illustrator(イラストレーター)で点線・波線・破線などの作り方まとめ【おまけ有り】

AdobeのIllustrator(イラストレーター)で初心者向けに、いろんな「線」の作り方をまとめてみました。点線、破線、波線など普通の実線から変えるだけでデザインの印象はガラッと変わりますので、いろいろ試してみてください。

続きを見る

ご覧頂きありがとうございました。

-design, イラストレーター, 作りたい
-, , ,

© 2021 ひゃくやっつ