昔の写真をネガからデータ化する方法

初めて持ったカメラは「写ルンです。」という世代の方
当時は「データ化」という考えはなく、使い切ったカメラをカメラ屋さんに持って行き現像してもらう。というのが当たり前でした。
プリントされた写真を、カメラ屋さんがくれる小さなアルバムに入れていく作業は楽しいものでしたよね。
そして、「何だこれ?」と思いながらくれたネガをアルバムの最後のページに挟んでいませんでしょうか?
そのネガがあれば当時の写真をデータ化し、スマホやパソコンで保存しておくことが可能です。

例えば結婚式の生い立ちムービーを作成する時に若かった当時の写真をデータ化しておくと、綺麗な画質で映像にしてもらうことが出来ます。

ネガを持ってカメラ屋さんに

当時カメラ屋さんからもらったネガが残っている場合は、そのネガを持ってカメラ屋さんに行き「データ化してください!」とお願いするだけでネガからデータ化か可能です。
一度現像をしている分、現像代がかからないのでお店にもよりますが500円前後でデータ化することができます。

実家に残っていたネガがこちらです。
若い堀北真希さんが表紙にプリントされてます!正直当時は全然気がついていませんでした!


当時はまさかデジタルを経て、今またフィルムカメラにハマるとは思いもよらなかったでしょう。

ネガが無い場合は

では、ネガを捨てたか紛失しない場合は下記の方法でデータ化が可能です。

スキャナーでスキャン

まずは写真をスキャナーで取り込む方法です。
ご自宅にスキャナー付きのプリンターをお持ちの方は、スキャナーで取り込めば、簡単にご自宅でデータ化することが可能です。

ご自宅にスキャナーがない場合、コンビニなどでスキャンしデータ化することが可能です。

スマホで撮影

そしてもう1つの方法はお手持ちのスマホで写真を撮影する方法です。
少し無理矢理ですが、正直一番手軽な方法です。
加工アプリなどでトリミングするのも容易ですね。
今のスマホは本当に性能が良くなっているので、写真を撮影するだけでスキャナで取り込んだくらいの画質でデータ化にする事が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

昔の「写ルンです。」で撮影した写真を、今データにする方法はいくつかありますが、
ネガが残っているのであればカメラ屋さんに持っていき、お願いする方法がおすすめです。

ぜひ一度試してみてください。
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top