写真加工もできるMAC標準アプリ「プレビュー」が便利!

写真加工もできるMAC標準アプリ「プレビュー」が便利!

以前の記事でMACの標準アプリである「プレビュー」を使って背景が透明な画像「透過PNG」の作り方をご説明しました。今回もMACの標準アプリである「プレビュー」を使って画像のトリミング、サイズ調整、色調補正のやり方をご説明したいと思います。

画像加工ソフト「Photoshop(フォトショップ)」も顔負けの「プレビュー」の機能をお伝えします。

「プレビュー」で画像のトリミング

撮影した写真などに不要な部分が写ってしまっていた場合は、トリミング機能で不要な部分をカットしてしまいましょう。

画像をプレビューで開く

さっそく「プレビュー」アプリを使って画像を編集していきます。
まずは画像をダブルクリック、またはプレビューアプリのアイコンまでドラックで持っていき画像をプレビューで開きます。

まずは画像をダブルクリック、またはプレビューアプリのアイコンまでドラックで持っていき画像をプレビューで開きます。

特に設定を変更していなければ、画像ファイルをダブルクリックすれば標準アプリである「プレビュー」が立ち上がります。開いた画像は、前の記事でご紹介したインスタントカメラで撮影した紅葉の写真です。

編集ツールバーを開く

プレビューで画像に何かしらの編集を加える場合は「編集ツールバー」を表示させる必要があります。
ウィンドウ右上あたりにある「マークアップツールバーを表示」ボタンをクリックすると、その下の段にアイコンが並んだバーが表示されます。これでプレビューで画像を編集する準備が整いました。

「マークアップツールバーを表示」ボタンをクリックすると、その下の段にアイコンが並んだバーが表示されます。これでプレビューで画像を編集する準備が整いました。

残したいエリアを選択して「切り取り」

「マークアップツールバー」が表示されたら、一番左の「選択ツール」から「長方形で選択」をクリック。

「マークアップツールバー」が表示されたら、一番左の「選択ツール」から「長方形で選択」をクリック。

切りとって残したいエリアをドラックで選択します。

「長方形で選択」をクリック。切りとって残したいエリアをドラックで選択します。

残したいエリアを選択したら、「マークアップツールバー」の右端に表示されている「選択範囲に切取り」をクリックすると選択したエリアのみに画像がトリミングされます。

残したいエリアを選択したら、「マークアップツールバー」の右端に表示されている「選択範囲に切取り」をクリックすると選択したエリアのみに画像がトリミングされます。

「プレビュー」で画像のサイズ調整

トリミングが完了したら 画像のサイズと解像度を調整しましょう。
ブログやウェブにアップする場合は、画像サイズが大きすぎると表示速度が遅くなる場合があります。
プレビューを使って画像サイズをあらかじめ調整しておきましょう。

「サイズを調整」ツールからピクセル数を入力

マークアップツールバーから「サイズを調整」を選択します。

マークアップツールバーから「サイズを調整」を選択します。

すると下のようなポップアップウインドウが表示されます。

各入力欄「幅」「高さ」「解像度」に変更したい数値を入力します。ブログなどにアップする画像の場合は、解像度は「72」、サイトの幅にもよりますが幅は1000前後で十分です。

各入力欄「幅」「高さ」「解像度」に変更したい数値を入力します。
ブログなどにアップする画像の場合は、解像度は「72」、サイトの幅にもよりますが幅は1000前後で十分だと思います。

「縦横比を固定」にチェックを入れておくと入力した幅のピクセル数に応じて高さを自動で調整してくれます。

「縦横比を固定」にチェックを入れておくと入力した幅のピクセル数に応じて高さを自動で調整してくれます。

「プレビュー」で画像の色味を調整する

撮影した写真が暗かったり明るすぎたりする事ってよくありますよね。
なんと標準アプリの「プレビュー」では 画像の色味を修正することも可能です。
画像編集ソフト「Photoshop(フォトショップ)」顔負けの色調補正機能をご紹介します。

カラーを調整ウインドウを表示する

「マークアップツールバー」から「カラーを調整」をクリックすると、カラー調整ウインドウが表示されます。

「マークアップツールバー」から「カラーを調整」をクリックすると、カラー調整ウインドウが表示されます。

カラー調整ウインドウの「露出」「コントラスト」「 ハイライト」「シャドウ」「彩度」「色温度」「色合い」「セピア」「シャープネス」のそれぞれのつまみを左右に調整し、好みの色味に調整します。

カラー調整ウインドウの「露出」「コントラスト」「 ハイライト」「シャドウ」「彩度」「色温度」「色合い」「セピア」「シャープネス」のそれぞれのつまみを左右に調整し、好みの色味に調整します。

各つまみを調整すると上のような鮮やかな紅葉の写真に編集ができました。

「セピア」のつまみを右端まで持っていくと、モノクロ写真のようなノスタルジックな写真にも加工できます。

「セピア」のつまみを右端まで持っていくと、モノクロ写真のようなノスタルジックな写真にも加工できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
超絶便利なMacの標準ソフト「プレビュー」を使ってできる、画像の「トリミング」「サイズ調整」「色調補正」のやり方をご紹介しました。
高額な画像編集ソフトがなくても大抵の事はできちゃう標準ソフト「プレビュー」をぜひ活用してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

1 Comment

  1. […] 以前の記事でPhotoshop(フォトショップ)を使用して、背景が透明の画像「透過PNG」の作り方をご説明しました。また、Photoshop(フォトショップ)をお持ちでない方向けに、web上の画像編集サービスを使った方法もご紹介しましたが、Macユーザーなら標準アプリの「プレビュー」を使って「透過PNG」が簡単に作れるので、その方法をご紹介します。Macの「プレビュー」がこんなに便利アプリだと知りませんでした!「プレビュー」を使った他の便利な画像編集方法はコチラ↓の記事にまとめています。 […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top