日付入り写真OK!韓国発フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」

日付け入り写真が撮れる!フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」

最近のレトロブームの影響で、ファッションだけでなく、レコードやカセットテープなどいろんなガジェットにもレトロブームが押し寄せています。フィルムカメラもその1つとして多くの注目を集め、写ルンです!などの使い捨て(インスタント)カメラ利用する若者が急増しています。

ただ、使い捨て(インスタント)カメラで撮影した写真をすぐにSNSにアップしたいのに、現像まで待たなければいけないのがネックですよね。現像費もバカになりません。そんな若者に流行しているのがフィルムカメラで撮影したように写る「カメラアプリ」です。

フィルムカメラの感覚を手軽に出すことができる、韓国で人気のフィルムカメラアプリ「CALLA」をご紹介します。

フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」の特徴

ランダムフィルター

スマホで手軽にフィルムカメラ風の写真が撮影できる「CALLA」は、アプリを起動するとすぐに撮影が可能。撮影画面でシャッターをパシャパシャと何度か押して、確認すると、どれも少し違う雰囲気の写真が撮影できます。

フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」はランダムでフィルターを設定してくれる!

撮影ごとに毎回違うフィルターをランダムで設定してくれるので、本当のフィルムカメラで撮影したように、全く同じ写真に写らないというフィルムカメラの特徴が反映されています。

日付入りのレトロな写真

フィルムカメラの特徴といえば右隅に入った「日付」ですよね。
そんなレトロな雰囲気の日付入り写真も簡単に作れます。

フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」は簡単に日付入りのレトロ写真が作れる

すでにスマホに入っている写真も簡単にレトロなフィルム風写真に加工できます。

こんなに簡単便利なフィルムカメラアプリが無料で利用できます。

Appleアプリ

‎CALLA
‎CALLA
Developer: CHUNGNYUNG KANG
Price: Free+

Android [ Google Play ]

フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」の使い方

使い方はいたってシンプル。
アプリを起動すると早速撮影画面になり、すぐに撮影ができます。
左下でフラッシュのオンオフ、右下で外カメラとインカメラの切り替えができます。

フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」の使い方を紹介

フォーカスをあえて外す

もちろんオートフォーカスでピントを合わせてくれますが、
シャッターボタンの周りのオレンジの丸を操作すればフォーカスの操作もできます。

手前だけにピントを合わせたポートレート写真も撮影することができます!

右上の「CALLA」のロゴマークをタップすると、撮影した写真を確認することができます。

すでにある写真も加工できる

上部真ん中のプラスマークでは、写真フォルダにある既存の写真にフィルターをかけることもできます。

フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」はすでにある写真も簡単にフィルム風に

右下のボタンでフィルターを選択、左下のボタンで光の入り方を調整し、
右上のダウンロードボタンでスマホのカメラロールに保存されます。

もちろん自動で日付も入れてくれます!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

韓国発フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」をご紹介いたしました。
簡単手軽にフィルムカメラ風写真が撮影でき、すでにカメラロールにある写真もフィルム風に加工できるので非常に便利なアプリ!
何気なく撮影した写真も加工してInstaにアップしてみてはいかがでしょうか。

Appleアプリ

‎CALLA
‎CALLA
Developer: CHUNGNYUNG KANG
Price: Free+

Android [ Google Play ]

他のフィルムカメラアプリとの比較

ご紹介した韓国で人気のフィルムカメラアプリ「CALLA」と他のフィルムカメラアプリ「HUJI」「Kamon」「NOMO」の3つを比較してみました。用途別におすすめのアプリを紹介しておりますので、ダウンロードの参考にご覧ください。

1 Comment

  1. […] 日付け入り写真が撮れる!韓国フィルムカメラ加工アプリ「CALLA」 […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top